金貨(地金型)とは?

地金型金貨(じがねがたきんか)とは何でしょうか?

金投資用に発行されている金貨の一種のことで、地金型金貨とは 金貨でも、骨董価値や希少価値、収集する個人の嗜好などにより、金地金価格よりはるかに高額で売買されたりしているものがあります。 たまに街のコインショップで見かけませんか?

こうした金貨は収集型金貨といいます。 これに対し、地金型金貨は、金地金の時価相当分に、少額の上乗せ金を加算した時価で売買されます。 この上乗せ金をプレミアムと言い、プレミアムは、発行国の造幣局が金貨を製造する時のコストや、輸送費、それに伴う諸経費などを合わせた費用で決められます。










例えば著名なところで言うと、地金型金貨の種類 現在、出回っている地金型金貨は、 クルーガーランド金貨(南アフリカ共和国) メイプルリーフ金貨(カナダ) パンダ金貨(中華人民共和国) カンガルー金貨 (別名ナゲット金貨)(オーストラリア) イーグル金貨(アメリカ合衆国) ブリタニア金貨(イギリス) ウィーン金貨(オーストリア) バッファロー金貨 (アメリカ合衆国) などがあります。

この中では、日本ではカナダのメープルリーフ金貨が多く出回っています。 メープルリーフ金貨は、カナダ王室造幣局が発行し、安定した供給量と優れた鋳造技術でその品位を保証した法定通貨となっています。 このため、本物志向の人にも人気があるようです。 型はコインでも、カナダ政府が保証しているので、鑑定の必要がないため、実質的には地金と同じで、いつでも世界共通の公正な市場価格に基づいて、その日の価格で換金できます。

地金型金貨のメリットと注意点は何でしょうか?

 地金型金貨は、いつでもどこでも簡単に換金できる信頼性と利便性から、手軽な投資対象にもなるようです。地金型金貨は少額からの投資に適していると言えそうです。

コインショップなど、多くの店で気軽に購入でき、換金も、貴金属店、デパート、銀行など色々なところで行えます。 購入するときは煩雑な手続きは必要ありませんが、消費税がかかります。 ただ、売却の際も、この消費税を上乗せした価格で売却することができます。  

小分け性、分配性を重視するのであれば、地金より金貨が向いているようです。 必要に応じて枚数を変えたりして、こまめに換金することも出来ます。 さらに、毎日変動する金価格にスライドして、僅かなプレミアムが付いてくることも魅力でしょう。ただし、傷などをつけないように、慎重に保管することが必要となります。 傷などがつくと、金地金のみの価値に減少してしまいます。傷や汚れ、変形などで再販が不可能な金貨の場合、また、国内外の売買市場で取引きが正常に行われなくなったりした場合は、プレミアムが付かない買取価格(地金再生価格)となってしまいますね。










コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ