金地金とは?

金地金とは? 金投資と聞いて、一番にイメージとして思い浮かぶのが、金地金かもしれませんね。あの実物です。 いわゆる、金の延べ板を保有することですが、やはり、これが金投資の王道といえるかもしれません。

金地金のメリット 金の延べ板を購入するとなると、かなりの金額の資金が必要、と思うかもしれませんが、実際はグラム単位で購入できます。 売買の際、金の地金の売買手数料は重さにより異なりますが、500グラム以上の地金であれば売買手数料がかからないために、運用には有利で、シンプルかつローコストの投資といえます。 金地金は5グラムから1キログラムと種類も豊富で、店頭での換金性にも優れ、現金化しやすく、分割したりもできます。また、株式などと違い、無記名制なので、誰がいくら持っているか把握されずに済みます。

こうしたところが金地金のメリットでしょう。 ただ、売買する重量によっては、バーチャージという手数料が発生してしまいます。これは、信頼のおける地金を提供するために、一旦買取りした地金をそのまま再販せず、一旦溶解・検査した上で新しい地金を製造する費用がかかるため、とされています。 金地金を購入するには 金地金は貴金属商、宝石商、商品取引会社、大手鉱山会社、商社、高級デパートなどで購入できますが、店頭での販売価格は金地金の流通コストや販売マージンがそれぞれ異なっていることから、販売店によって多少異なります。 このため、同じ日の同じ時間でも、販売店によって多少金の価格が違うのです。

また、売買時にかかる「往復の手数料」や「保管料」も、取扱会社によって異なります。 手数料は金1グラムあたり「往復で60円」が一般的です。つまり、金地金に投資する場合、売却価格が往復の手数料を上回る価格になれば、利益を得ることができるのです。例えば、金1グラムが3000円として、買うときは3030円を支払い、売るときは2970円を受け取れます。 こうしたことから、金地金の購入には、その日の相場を知った上で、いくつかの店での価格を比較し、それ ぞれの手数料の違い、サービス内容などをよく検討した上で購入する必要があります。










金地金の購入は、信頼できるところで 最近は貴金属商や商社の直営ショップなどでも金地金が売られ、電話による購入も可能なところが多くなっています。また、インターネットで金が買えるところも出て来ました。他にも、地方銀行でも金地金を扱っているところがあります。 金地金を購入する店選びのポイントとして、財団法人日本金地金流通協会の会員企業なら安心といえるようです。 協会ホームページに企業一覧や登録店一覧が掲載されており、近くの取扱店も簡単に知ることができます。なお、同会員の貴金属店には「安心のマーク」が表示されています。










コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ