純金積立とは?

純金積立とは?

金投資の商品のうち、最近関心が高まっているものに、純金積立があります。 純金積立とは 純金積立は、毎月一定額で金を少しずつ購入することで、価格変動リスクを抑える商品となっています。金定額積立とも言われます。 毎日、価格変動する金地金を一定額で買える分だけ買うので、価格が高ければ少なく、価格が安ければ多く買うことができる「ドルコスト平均法」が活用できます。 ドルコスト平均法とは、毎月の購入代金を一定額にして、買い続ける投資方法です。

金価格が安い時には多く、高い時には少なく購入できるため、平均購入単価を下げることができます。これは長く続ける程に効果が出る購入方法なので、積立投資に向いているといえるでしょう。 金の価格が安いときや、資金に余裕がある場合は、1万円単位から、追加で買い増すことが出来る、スポット購入と言うシステムを利用することもできます。 少ない資金ではじめられる純金積立 純金積立は大体の会社は、月3,000円から設定できるので、小遣い程度の金額でコツコツ貯めることが出来ます。 購入の代金も、指定の銀行口座から毎月自動引き落としのシステムなので、手間もかからず大変便利なサービスです。1年に1度、積立てた純金の量に応じてボーナスの支給もあったりします。










買い付けた金は、取扱会社が保管するので管理の面では安全性が高いものです。 取扱会社に預けている間は、自分の手元に金が届けられるわけではなく、買い付け報告書や残高報告書が送付されてきます。 それでも、ほとんどの取扱会社では、申し出ればいつでも金地金や地金型金貨、ジュエリーの形で引き取り、または現金化ができます。 純金積立の特徴 積み立てた純金は、世界の金市場公認の金地金に交換することが出来ます。 長く積み立てれば、それだけ大きな金地金を手に入れることが可能となるわけです。 それ以外にも、金貨、金のジュエリーとも等価交換が出来ます。

現金が必要な時には、希望の分だけ純金を売却して現金にすることも出来ます。 純金積立は、地金商・鉱産会社・商社・宝石商と、証券会社・銀行/信用金庫などの金融機関、商品先物取引などの投資会社など、いろいろなところで取り扱っています。 各所によって売買レートや年会費等の手数料が違っているため、純金積立を行う際は、会社の信用度、買取価格と売却価格の差額などを比較して選ぶのが良いでしょう。










コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ