海外在住・旅行中に日本のIPアドレスに変更(日本のIPを手に入れる)する方法をまとめてみた

海外にせっかく出ているのに日本のコンテンツやサービスがIP規制で使えない。こんな事はありませんか?

 

せっかくのネットで日本人なのに、日本のプロバイダを利用出来ないばかりに日本のコンテンツやサービスを使えない!こんな悲しいことはないでしょう。

 

こういった方も多いのではないでしょうか。

 

実はそれが出来る面白いソフトがあるので今回はそれをご紹介しましょう。

 

そこでそんな人におすすめしたいのは個人向けVPNアプリ。バーチャルアダプタから直接アクセスするので、セキュリティも万全。

 

個人向けVPNサービスとは、情報システムやノートパソコンを会社で利用されている方であれば既に利用されている、または聞いた事もあるかもしれませんが、自分の自宅からではなくて、別の場所からバーチャルでインターネットを接続するものです。

 

VPNを使うと自宅も含め様々な場所から、まるでそこに居ないように(バーチャルに)ネットに繋ぐ仕組みなので、多くは会社などで使われているのですが、最近はそんな仕組みを個人向けに提供する安全の大手会社も人気があります。

 

そこで今回は世界でもっとも人気のある個人向けVPNサービス(英語ですが簡単です)を利用してみましょう。

 

 

HideMyAss.com

 

ここでご紹介するのはHideMyAssと呼ばれるサービスで、この業界では世界最大手のサービスです。(日本のものもあるのですが、実際に海外での使い勝手や、IPアドレスの数の少なさ・値段などの問題も多かったり、何より、日系を謳っていても、実際は中国企業だったりと問題も多いので、お勧めしていません。)

 

HideMyass登録方法の解説

 

ほとんどの海外系VPNは英語なのですが、登録利用はとっても簡単。ここにまとめてみました。

 
 

こちらはクリック後のHidemy Assのトップページです。ここから 画面の中で強調されている「Join」(もしくは類義)をクリックします。

 

 
 

 

次にプランの選択です。キャンペーンが多いので年中基本的には値下がり価格となりますが、基本的に1ヶ月、6ヶ月、1年から選択します。1年契約だと月5ドル程度になります。まずはテストという事であれば1ヶ月契約が一番簡単なので、1monthをクリックします。

 

その後アカウントの作成を行い支払いとなります。メジャーなクレジットカード(JCBは不可)やPaypalなどが利用できるので、入力しましょう。

 

後はメールの確認を待って登録と支払いは終わりです。実際の使い方はIPを簡単に変更するソフトが提供されていてチュートリアルもあるので、クリック一発でIPが変えられます。

 

使い方の流れはこちらのビデオでも紹介されているので、このサイトからクリックしてページを開きながら手続きを見て下さいね。

 

 

さて登録が終わると、パソコンやスマホにソフトがインストールされたと思います。このソフトを利用して、日本を選択しIPアドレスをワンクリックで変更できるようになりますので、その上で自分のIPアドレスを確認してみると?

 

新しいアドレスを手に入れている事と思います。もし日本しかアクセス出来ないようなサイトを見たければ、JapanのIPアドレスを選択すると、日本のアクセスに切り替わります。

 

もし他の国のIPアドレスを使いたければ、他の国の国旗を選択すると変更できます。

 

後は、プライベートブラウジングなどを利用するなどでデータを残さないようにサイトにアクセスすると?

 

 

HideMyAss.com

 

 

このページの先頭へ