トラリピとは

人気のトラリピとは?気になる噂、体験談、評価やレビューなど。詐欺はいるのか?使い方、攻略法は?よく聞かれる評価などもまとめて調べてみましたのでお楽しみ。初心者の感想や口コミも。

トラリピとは?

おそらく一番よく聞かれる質問でしょう。為替取引や商品の取引をする方であれば、イフ・ダンなどの用語は聞いた事があるかもしれませんね。これはまさにそのものが示す通り、もし~だったら、執行という自動で取引を設定するための仕掛けの事です。










さて、トラリピとはトラップリピートイフダン(TRIFD)という意味で、特許としてこの会社だけが行っている仕組みで、一部のFX愛好家から人気の手法としてスッカリ定着しました。

例えばこんな事は無いでしょうか

「普段から忙しくて相場を見れる時間が少ない。」
「寝ている間のNY市場でチャンスを逃したくない。でも寝たい!」
「出張や旅行が多いから、心配でポジションを持てない。」

こういった用途にはシストレなどが向いていると言われていますが、そうはいっても中々敷居が高いのも事実ですよね。

こんな方にピッタリの機械的トレード方法がまさにコレ。 その名も「トラップ・リピート・イフダン」略してトラリピ。

裁量で行うには手間のかかる手法ですが、今は業者が特許取得して自動的に売買できるようになっているので 本格的に活用しているトレード方法となりました。

リスク管理がかなり重要なポイントになりますが、 使い方や設定方法次第で資産運用に活用できる 驚くほど単純で、かつ奥が深いトレード方法でもあります。

仕組みは非常に単純で、 つまり単純な指値とその決済を繰り返すだけ。 それを自動化してしまおうというのが「トラップ・リピート・イフダン」です。

まず先にイフダンのコンセプトから理解しておきましょう

通常のイフダン注文は もし~が成立したら~の決済注文が有効になります、ということです。

これがリピートイフダンになるとイフダンを何回も繰りします。そしてトラップトレード罠にかけるということなのでトラップということです。そしてリピートイフダンとトラップトレードを一緒にしたものが トラップリピートイフダンとして上記を組み合わせます。相場は通常下がっては上がり、そしてまた下がってというように 数十銭から数円の幅で上下に波を描いて動くのが普通で、少し勉強すると掴みやすいですが、さらにトレンドというものはなかなか明確にはなりません。もみ合ったり長い期間同じようなボックスレンジで動くこともあり、このレンジで何度も同じような水準を行き来している時、 あそこで指値買いしてここで決済注文するのを繰り返し出来たらなぁ、 という考えを実現してくれるのが「トラップ・リピート・イフダン」なわけです。

 

トラリピ(トラップリピートイフダン®)は、その名の通り「罠(トラップ)を仕掛ける」ように、一定の値幅で複数の注文を同時に発注してくれる注文方法なので、相場が想定した範囲で上下を繰り返した場合、買って売る(売って買う)という一連の取引が終了すると、何度でも自動で同じ注文を出しておいてくれるから、取引にかける手間が大幅に省けますし、相場が想定外の動きをした場合に備えた、「ストップロス」機能もあるので安心です。

さて、ここまで書いたところである程度経験のある方、もしくは勘の良い方なら 「急落する相場だったらどうするんだ?」とか、「設定幅が難しい!」とか 「資金管理が出来ていないとキツい!」と思われることかと思います。 そう、この仕組みの唯一の欠点は、有効な資産運用手段が、 資金管理(リスク管理)次第で危険な取引になってしまう可能性がある点。よって、この仕組みを使う場合は必ず、 資金管理(リスク管理)の精度を上げるとともに、 取引する通貨によってどの程度の値幅が良いのかなど じっくりシミュレーションを行うことが重要なわけです。

逆に言えばこの取引方法の欠点が明確になっているわけですから 資金管理と取引値幅の設定をしっかりとした状態に作り上げれば 後は勝手に注文が入るのでとても戦略的なトレードができるようになります。つまり、この最初のリスク管理さえしっかりと出来て計算できれば かなり有効な資産運用の手段となり、特に余裕資金がある方はリスク対応幅が広いために それに比例して戦略の幅もかなりして広くなるので有利と言えるでしょう。

最低30万ぐらいから始めると良いかとは思うのですが できれば50万以上、100万以上で始めると余裕があるトレードになるでしょう。

そして現在この仕組みはここでご紹介している、マネースクウェア・ジャパンのみが扱っていて 特許も取得していることから、他の業者では出来ないトレードです。

もちろん一応資金的なこととリスクのバランスを業者も分かっていて ある程度資金があった方が良い、ということも説明がありますので 試される方は効果を試すよりもまず自分の資金やリスクを把握し その上でこの仕組みを活用していくというのもアリでしょう。

さらに公式データで、口座保有者全体の74%が儲けていて、 豪ドルでの運用に至っては8割以上が儲けているという取引手法を試してみませんか?










コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ